1. Top » 
  2. 韓国教育

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ソウルの高校の9割、第2外国語科目に日本語開設

ソウルの高校の9割、第2外国語科目に日本語開設

ソウル地域の高校生は、英語の次に日本語を最も多く習っていることが分かった。
 ソウル市教育庁が7日にまとめた「2009高校教育課程編成現況」によると、ソウル市内の高校308校の90%に当たる278校が第2外国語の選択科目の一つとして日本語を開設している。日本語を教える高校が多いのは、語順が韓国語と似ているため高校レベルでの学習が難しくなく、教員が確保しやすいためと分析される。
 日本語の次に多い第2外国語科目は中国語で、189校が授業を設けている。これに対し、フランス語(52校)とドイツ語(47校)は人気が衰えており、スペイン語を教えている高校は2校にすぎなかった。また、漢文とともに2005年から大学修学能力試験(センター試験に相当)第2外国語領域の科目に追加されたアラビア語を教える高校は1校もなかった。



2009年4月7日14時20分配信 YONHAP NEWS


英語の方が何かと良いのでは…と。
スポンサーサイト

韓国のTOEFL成績、スピーキングが世界最下位圏

韓国TOEFL成績、スピーキングが世界最下位圏

昨年における韓国人TOEFLトーフル)の成績は世界161カ国・地域のうち89位と中間レベルで、中でもスピーキングセクションでは136位と最下位圏だったことがわかった。英語専門塾のイ・イクフン語学院が1日、TOEFLテストを主管する米ETSの2008年資料を分析した結果を発表した。
 それによると、韓国人TOEFL iBT(internet-Based Testing)成績は120点満点で平均78点(世界平均79点)だった。デンマークとオランダが102点で共同1位を占め、オーストリア・シンガポール(各100点)、ベルギー(98点)、ドイツ(97点)などと続いた。

 アジア圏ではシンガポールのほかフィリピン(88点、32位)の成績も比較的高かった。一方、中国(76点、99位)、台湾(73点、106位)、北朝鮮(72点、111位)、日本(66点、136位)などは韓国より平均点が低い。

 韓国人成績をセクション別に見ると、各30点満点のうち、リーディングが20点、リスニングが19点、ライティングが20点、スピーキングが18点だった。リーディングを除くセクションで全世界受験者のセクション別平均点(リーディング19.4点、リスニング19.5点、ライティング20.5点、スピーキング19.3点)を下回った。特にスピーキングの平均点は日本(16点)、ベトナム(17点)などともに最下位圏を記録した。



2009年4月2日10時22分配信 YONHAP NEWS


非英語圏で特に英語と異なる文法圏は軒並み悪いかと。

中2学力が数学は世界2位・理科4位、国際教育調査

中2学力が数学は世界2位・理科4位、国際教育調査

 国際教育到達度評価学会(IEA)が9日、韓国、日本、台湾、米国、英国、ロシア、豪州など50カ国・地域の中学2年生約23万人を対象に実施した2007年国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)の結果を明らかにした。
 それによると、韓国は中2の数学分野での学業到達度が世界2位、理科分野では世界4位と最上位圏につけた。年度別では、数学は1995年が世界3位、1999年が2位、2003年が2位、昨年が2位で、理科は1995年が4位、1999年が5位、2003年が3位、2007年が4位と、いずれも上位をキープしている。

 特に、最上位グループに属する学生の割合は数学が40%で世界2位、上位グループに入る学生の割合は71%で1位にランクインした。理科は最上位グループが17%で3位、上位グループが54%で4位。

 他国のランクを見ると、数学では台湾が1位、シンガポールが3位で、4位以降は香港、日本、ハンガリー、英国、ロシア、米国、リトアニアと続く。理科はシンガポールが1位、台湾が2位、日本が3位で、韓国に続き英国が5位、ハンガリー・チェコが共同6位、スロベニアが8位、香港・ロシアが9位、米国が11位となった。 

 韓国の生徒の学力は世界最高レベルと評価されたものの、数学と理科に対する自信や興味は非常に低いと調査された。数学の場合、自信感指数が「上」の学生が占める割合は29%で43位と評価された。国際平均(43%)も下回る。数学に対する興味認識指数が「上」の学生の割合も33%(国際平均54%)と、43位にとどまる。理科は自信が「上」の学生が24%(同48%)で27位、興味認識指数が「上」の学生は38%(同65%)で29位だった。また、数学・理科の到達度は女子より男子が高く、数学の学力レベルが着実に伸びている一方で理科は下降曲線を描いていると調査された。

 TIMSSとは米国のIEAで4年ごとに実施される研究で、各国の小4、中2を対象に数学と理科の学業到達度を測定・分析するもの。韓国は評価初年度の1995年から中2だけが評価に参加している。4回目の2007年評価では全国150校から標本抽出された5448人が評価に応じた。



2008年12月10日10時42分配信 YONHAP NEWS


国を問わず実経済・実社会と結びつかないのが、この教育ってもんなんだよなぁ
  • Genre:

教育科学技術部、「左寄り」教科書第2次修正指示

教育科学技術部、「左寄り」教科書第2次修正指示

 教育科学技術部は28日、韓国の近・現代史教科書に対する第2次修正指示の公文を各出版社と著者らに送付したと明らかにした。

 教育科学技術部の関係者は、「先月30日に第1次修正勧告案を出版社と著者らに送り、回答を受け取ったが、不足した部分があり再度勧告する意味で公文を送った」と説明した。内容は第1次勧告案とほぼ同じだという。同部は、「左寄り」を指摘された6種の近・現代史教科書について、計55か所の内容を修正するよう各出版社と著者らに公文を送っていた。

 しかし、今回の公文では、第1次公文の「修正勧告」という表現を強め、「修正指示」としており、教育科学技術部が教科書の職権修正に向け事前手続きに入ったとする指摘も出ている。同部は来月1日まで、出版社から第2次修正指示公文に対する回答を受け付け、来月4~5日ごろ近・現代史教科書修正に対する立場を発表する予定だ。



2008年11月28日11時43分配信 YONHAP NEWS


どこの国でも教科書問題ってありそう。
  • Genre:

Page Top

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。