1. Top » 
  2. 韓国ドラマ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

韓流ドラマ スターに報酬払えず存亡の危機!? 

韓流ドラマ スターに報酬払えず存亡の危機!?

 韓国のドラマ制作会社が軒並み赤字にあえいでいる。日本などアジアを席巻した“韓流ブーム”以降、大物俳優の出演料が天井知らずに高騰して制作費を圧迫し、ヒットしても採算が取れない異常事態に陥っているというのだ。出演料未払いをめぐる出演者対制作会社の泥沼の訴訟騒動にも発展。不況によるCM収入の減少や粗製乱造による質の低下も加わり、「韓流ドラマ」はまさに存亡の危機に立たされている。(桜井紀雄)

 ■韓流スターvs制作会社…“仁義なき戦い”

 韓国で昨年末、韓流スターが自らドラマ出演料の引き下げを申し出る現象が相次いだ。

 ドラマ「天国の階段」や日本向け広報大使を務めたことでも知られるクォン・サンウさん(32)が昨年12月、新作ドラマの1話当たりの出演料を1500万ウォン(約100万円)以下に抑えると表明。直前の出演作と比べると3分の1に満たない額だ。

 クォンさんと並ぶ韓流スター、ソン・スンホンさん(32)も出演料の50%カットに同意したと発表。ソンさんは、韓国メディアに「ドラマの人気が出ても制作会社やスタッフは相変わらず苦しいのが韓国ドラマの実情。ともに働くものとして苦しさを分かち合いたい」と理由を語った。

 「冬のソナタ」で知られるチェ・ジウさん(33)の事務所も韓国メディアに出演料削減を明らかにするなど、韓国芸能界でひとつの“潮流”ができあがっている。

 だが、美談ばかりでない。逆の動きも表面化している。

 人気女優、キム・ヒョンジュさん(30)が未支払い出演料1億ウォン(約650万円)の支払いを求め、制作会社や前所属事務所を訴えるなど、訴訟沙汰(ざた)も起きている。

 大物俳優、パク・シニャンさん(40)が未支払い出演料など3億8000万ウォン(約2500万円)を求め、制作会社を訴えた裁判では、韓国ドラマ制作社協会(ドラマ協会)がパクさんのドラマへの出演を無期限停止にする対抗措置を取り、芸能界を騒然とさせた。

 「1話当たり1億7000万ウォン(約1100万円)という法外な出演料を要求し、ドラマ市場の共倒れを招いた」

 これがドラマ協会側の言い分だ。

 まさに韓流ドラマの生存をかえけたスター対制作会社の仁義なき戦いが勃発(ぼっぱつ)している。

 ■ヨン様、報酬は4億円!?…赤字にあえぐ制作会社

 《ペ・ヨンジュン、推定2億5000万ウォン(約1600万円)

 ソン・スンホン、同7000万ウォン(約460万円)

 クォン・サンウ、同5000万ウォン(約330万円)

 チェ・ジウ、同4800万ウォン(約320万円)…》

 韓国ドラマプロデューサー協会の資料をもとに韓国の大学教授が昨年末に公表した韓流スターのドラマ1話当たりの出演料だ。50~100話と続く韓国ドラマの常識から考えると、総額のすごさがうかがえる。

 日本でも放映された大型時代劇「太王四神記」でペ・ヨンジュンさんには60億ウォン(約4億円)が支払われたと、韓国のテレビ局「MBC」労働組合が発表。ペさんの事務所は「著作権料などが含めれており、正確な出演料ではない」と反論しており、割り引いて考える必要があるが、韓国で音楽番組への出演料が20~30万円というからドラマ出演料がいかに突出しているかが分かる。

 「太王四神記」では、最終回を迎えても出演者に報酬が支払われないという問題も浮上した。制作したプロダクションはその後もヒット作を生んだが結局、巨額の赤字を出した。

 同じく時代劇「イサン」でも視聴率30%を記録したにもかかわらず、制作会社が15億ウォン(約1億円)の赤字を抱え、出演料が支払えない状態だと韓国メディアが伝えた。

 主人公ら看板スターに報酬を支払うと、予算がほとんど残らず、美術や照明といった制作スタッフには給料も支払えない深刻な事態が浮かび上がっている。

 韓流ドラマ輸入にかかわる日本の関係者は「『あそこのドラマ制作会社がつぶれた。大手でもあそこはヤバイ』という話をよく耳にする」と打ち明ける。

 ■出演料制限も…「ヨン様、クォン様は特別枠」マル秘リスト

 そもそも、韓流スターの出演料はそれほど高いわけではなかった。韓国芸能界に詳しいライターの児玉愛子さんによると、スタークラスでも500万ウォン(33万円)ほどだった出演料が高騰し始めたのは、「冬のソナタ」の放映が韓国で始まった2002年ごろから。台湾や香港では、すでに韓流ドラマのブームが始まっていた。

 「海外で売れる女優らの出演料が跳ね上がり、それより格が上のスターの出演料も上がるというように連鎖的に高騰していった」(児玉さん)という。

 そのうち、「人気スターのキャスティングありきで、脚本もできていないのに制作に入り、赤字になる結果を招いた」(同)。

 歯止めが利かない出演料の高騰に、KBSなど主要テレビ局3社とドラマ協会は昨年11月、1話当たりの出演料を1500万ウォン(約100万円)に抑える「出演料上限制」を提案した。ところが、今年に入って「ドラマ協会が『制作費項目別上限額推薦案内』という俳優リストを各制作会社に配布した」と報じられ、バッシングを浴びた。

 ペ・ヨンジュン、ソン・スンホン、クォン・サンウ、チャン・ドンゴン…。

 リストには日本で知られる韓流スターの名前が並び、「日本向け版権販売額から制作会社の裁量で(上限額とは)、別途に奨励金を支払うことが可能だ」と記されていたため、「制限を定めた当事者が抜け道をつくるとは何事だ!」となったのだ。

 これまで視聴率を稼いできたドラマに陰りもみえ始めた。

 03年に13%を超えた韓国のドラマの平均視聴率も昨年は11%に低下。メディアからは、「韓流ドラマは不倫や出生の秘密ばかりでマンネリ」「ストーリー性に欠ける」との批判が噴出している。

 1997年の通貨危機以来、最悪といわれる不況に伴うCM収入の激減が追い打ちをかけ、高視聴率が見込める時間帯の放送を制作費がかさむドラマをやめてバラエティー番組にするテレビ局が相次いだ。

 ■日本原作が救世主…原点回帰の動きも

 一方、日本はいまだ「韓流バブル」を謳歌(おうか)している。

 韓国政府の統計では、昨年の韓国ドラマの海外輸出額は、前年に比べ6・3%落ちたものの、9326万ドル(約82億円)に上った。輸出先の6割が日本で、「ドラマの赤字、黒字は日本次第」との構図が固定化しつつある。

 韓流ドラマ輸入にかかわる日本企業の担当者は「輸入の新規参入も多く、有名スターの出演作は買い尽くされ、新しいトレンディードラマまで買われる状態。競争が激しく、販売額も落ちていない」と説明する。

 「DVD販売などが落ちているが、本国に比べタイムラグがある」(輸入担当者)。だが、韓国側では、「ヨン様頼みではいずれ飽きられる」と懸念の声が挙がっている。

 こうしたなか、日本漫画をドラマの原作にする動きが出ている。「世界中で人気の日本漫画にあやかり、ストーリー性不足を補おう」というのだ。

 ドラマより先に低迷が表面化した映画界でこの動きが始まり、整形手術した女性の奮闘を描いた漫画「カンナさん大成功です!」をもとにした映画は観客動員数660万人を記録した。

 台湾でドラマ化され、ブームとなった学園漫画「花より男子」が韓国でも昨年末からドラマ放映され、24・8%の高視聴率をマーク。出演した若手俳優を中心に「イケメンブーム」にもなっている。大学受験を描き、日本で累計600万部を売り上げた漫画「ドラゴン桜」のドラマ化も計画されているという。

 ただ、これは抜本策とはいかないようだ。

 日本の業界関係者は「日本への輸出に頼らず、まずは国内で制作費を回収することを考えることが先決。韓国には、オリジナリティーある作品を生み出す力を持った若手制作者もおり、もっと活躍の場をつくるべきだ」と話す。

 新たな兆候も見える。特段、スターも出演せず、注目もされなかったドラマが昨年、放映当初1けた台だった視聴率を27%超に伸ばした。出生の秘密や復讐(ふくしゅう)劇といった“古典的”テーマが内容だが、緻密(ちみつ)に描かれた人間模様がヒットにつながったとされる。

 児玉さんは「韓流ドラマは本来、ドロドロした愛憎劇が日本の女性にも受け入れられたわけで、スターに頼らず、いかに作品そのものの力で“みせる”かに韓流ドラマの今後がかかっている」と指摘している。



2009年1月25日14時29分配信 産経新聞


日本も出演者頼みのドラマは微妙だしね…
スポンサーサイト
  • Genre:

【華流】韓国版「花より男子」、視聴率好調で早くも旋風!

【華流】韓国版「花より男子」、視聴率好調で早くも旋風!

 初回14.3%(TNSメディアコリア調べ)と好スタートを切った「花より男子」は、若い女性を中心に人気を集め、12日放送の第3話で視聴率20%を突破、同局の月・火夜10時台の連続ドラマ枠で3年ぶりに20%の壁を破る快挙を成し遂げた。

 若手や新人を中心とした起用も功を奏し、主要キャストの人気が急上昇しているだけでなく、いじめ役やちょい役まで脚光を浴びている。

 中でもイケメン御曹司4人組「F4」のリーダー、ク・ジュンピョ(原作:道明寺司)を演じる新人イ・ミンホは、各種ポータルサイトの検索ランキングで1位を記録、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「サイワールド」のミニホームページの訪問者数が40万人を超えるなど爆発的な人気を集め、CMのオファーも相次ぐなど一躍スターとなった。

 さらにF4のファッションも注目され、ブレザーやクルーネックセーター、チノパンなど、上質でトラッドなアイテムをカジュアルに着こなす「プレッピー・ルック」が流行の兆しを見せている。韓国最大のインターネット・ショッピングモール「オークション」ではドラマの放送開始以来、プレッピー風の男性ファッションの売上が前月比で30%増加し、中でもエンブレム付ジャケットは1日平均500着以上の売れ行きで、関係者を驚かせている。

 また、KBSの無料再視聴サービスや、主要ダウンロードサイトの有料ダウンロードサービスの利用者数でも「花より男子」が過去最多を記録するなど、放送開始早々「花男」旋風が吹き荒れている。

 一方、日本では昨年末に同ドラマの日本公式サイトがオープン、既に多くのファンがアクセスしており、注目度の高さがうかがえる。3月には、撮影現場の見学と出演者によるイベントが行われるプレミアツアーの開催が決定、一躍スターダムにのし上がったF4に一足早く会える貴重な機会とあって、問い合わせが相次いでいるという。

 まさに2009年上半期の台風の目となりそうな韓国版「花より男子」。来る日本放映でも大変な人気を集めそうだ。



2009年1月15日21時33分配信 サーチナ


日本でも人気だしね。
  • Genre:

韓国のヒットドラマ『キツネちゃん、何しているの? 』をオリジナル版で

韓国のヒットドラマ『キツネちゃん、何しているの? 』をオリジナル版で

『キツネちゃん、何しているの? 』

株式会社 USEN(本社:東京都港区、代表取締役社長:宇野康秀)が運営する完全無料ブロードバンド放送「GyaO」アジア芸能総合ポータルサイト“アジナビ”では、年末年始スペシャル企画として12月26日(金)正午より、韓国ドラマ『キツネちゃん、何しているの? 』の放送を開始する。

韓国ドラマ『キツネちゃん、何しているの? 』は、2006年に韓国MBCで放映された全16話の韓国ドラマ。視聴率50.5%という大ヒット作『私の名前はキム・サムスン』を手がけた脚本家、キム・ドウによる痛快ラブコメディ第2弾として有名な作品です。飾らないセリフとストレートな性描写で、韓国では30代女性の圧倒的な支持を獲得。キャストには『春の日』のコ・ヒョンジョンや、『ファッション70s』で大ブレイクしたチョン・ジョンミョンなどの豪華キャストがドラマを盛り上げます。 三十路過ぎで男性経験ゼロのアダルト誌編集者、ビョンヒに突然訪れた初体験とは!? 

<ストーリー>
アダルト雑誌記者33歳で男性経験ゼロのヒョンビは、毎日妄想にふけりながら記事を書いていた。そんなある日、ビョンヒが親友の弟である9歳年下のチョルスとひょんな事から恋におちた!?  気が付いたら終わっていた初体験、付き合いだしてリアルになる年齢差、妊娠問題など、家族・親友を巻き込んですったもんだの大騒動…。果たして2人の恋の運命は…。



2008年12月26日10時55分配信 WoW!Korea


USEN-GyaOは韓国ドラマを押すなぁ…
  • Genre:

【韓流】韓国でクラシック旋風を巻き起こした話題のドラマが日本上陸

【韓流】韓国でクラシック旋風を巻き起こした話題のドラマが日本上陸

 伝説の指揮者と寄せ集めの団員たちが、オーケストラ結成という一つの“夢”に向かって奮闘する姿を描き、韓国でクラシックブームを巻き起こしたドラマ「ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー」が、日本での放送開始に先立ち、17日に都内でイベントを開催した。

 イベントには“オーケストラキラー”と呼ばれる伝説の指揮者、マエストロ・カン(通称カン・マエ)を演じたキム・ミョンミン、コンサートマスター役のイ・ジア(『太王四神記』)、絶対音感を持つ天才トランペット奏者役のチャン・グンソク(『ファン・ジニ』)が参加。また、韓国通で知られるお笑いコンビ「ますだおかだ」の増田英彦が司会を務め、イベントを盛り上げた。

 韓国版「白い巨塔」で名演を見せた演技派キム・ミョンミンは、独特の口調で毒舌を連発し、愛犬にしか心を開かない偏屈なマエストロを怪演。そのセリフが流行語にもなるほど人気を集め、ドラマの高視聴率にも貢献した。イベントでも随所で「カン・マエ語録」を披露し、爆笑を誘っていた。

 日本映画『着信アリFinal』にも出演し、韓国ドラマ「ファン・ジニ」を通じて日本でも知名度を上げている若手実力派のチャン・グンソクは、大学の休みを利用して日本語を勉強中だといい、クイズの答えも日本語で書くなどサービス精神旺盛。韓国の若者の間で流行しているダンスを踊って見せたり、同ドラマの挿入曲「聞こえますか」を歌ったりと、マルチな才能を披露した。

 ペ・ヨンジュン主演「太王四神記」のヒロイン役で鮮烈デビューしたイ・ジアは、明るくたくましいコンサートマスターをはつらつと演じ、新たな魅力を見せている。ドラマの後半ではカン・マエへの恋心を自覚する一方、耳が聞こえなくなるという衝撃の展開もあり、その演技が注目される。

 「ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー」は韓国エンターテインメントチャンネルMnetにて放送中。イベントの模様も来年1月31日に放送予定。



2008年12月25日19時44分配信 サーチナ


冒頭だけ読むと、某マンガにそっくりな気が…
  • Genre:

Page Top

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。