FC2ブログ
  1. Top » 
  2. 韓国食品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ハイトビール日本向け輸出拡大、現地化戦略が成功

ハイトビール日本向け輸出拡大、現地化戦略が成功

ハイトビールは2日、昨年は対日本輸出が前年の2倍に拡大したと明らかにした。
 同社は昨年、日本市場に296万5835ケース(350ミリリットル缶24本)のビールを輸出した。2007年の135万95ケースに比べ119.7%多い。金額にすると、昨年の輸出額は1606万ドルで、前年(700万ドル)比129.4%の増加だ。

 日本向け輸出の急増は、現地密着型営業による流通チャンネル拡大と、日本人の好みに合わせた多様な製品開発など徹底した現地化戦略による効果だとの分析だ。同社は国内生産のビール「MAX」を「プライム・ザ・ビアー」の名で発売したほか、第3のビール「プライムドラフト」など、約10種類の製品を輸出している。ことしの日本輸出目標は昨年より30%以上多い400万ケースとし、「プライムドラフト」のリニューアルなどさまざまな販売戦略を展開する予定だ。

 ハイト・真露グループ海外事業本部関係者は「昨年下半期から輸出価格引き上げとウォン安・円高効果で利益構造が大幅に改善された」と話す。より積極的なブランド戦略で、日本の酒類市場で焼酎「真露」に続く成功を収めたいと期待をかけている。



2009年4月2日13時17分配信 YONHAP NEWS


見たことないが…
スポンサーサイト

輸入食品に対する消費者の安全満足度「落第点」

輸入食品に対する消費者安全満足度落第点

輸入食品安全に対する消費者満足度が依然として低いことがわかった。
 食品医薬品安全庁は9日、昨年9~11月に全国の消費者1065人と専門家88人を対象に輸入食品安全満足度に関するアンケート調査を実施した結果、満足度は平均4.73点(10点満点基準)にとどまったと明らかにした。4項目の調査で「安全体感度」が4.11点で最も低く、「政策遂行満足度」と「政策認識度」もそれぞれ4.16点と4.80点にすぎなかった。情報提供に対する満足度は相対的に高い5.87点を記録した。

 低調な消費者安全満足度を向上させるため、食品医薬品安全庁は今年から輸入食品に対する精密検査の割合を30%に拡大し、不適合履歴のある製造・輸入業者の製品に対しては集中検査を実施していると説明した。また、OEM(相手先ブランドによる生産)製品の原産地をわかりやすく表記するほか、危険が懸念される食品については、テレビの字幕放送や携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)で伝送するなど情報提供も強化する。あわせて、安全性に対する懸念が提起された食品は、輸入前に輸入者に検査成績表の提出を義務付ける案などが推進される。



2009年3月9日15時34分配信 YONHAP NEWS


きちんとした検査機関で検査しないとダメだろうなぁ…

野菜の対日輸出拡大へ、日本当局が生産農家を調査

野菜の対日輸出拡大へ、日本当局が生産農家調査

農林水産食品部は8日、生鮮野菜類の対日輸出拡大するために、昨年に引き続き今年も日本の厚生労働省から輸入対策チームを招き、同日から13日まで対日輸出野菜を生産する農家に対し立ち入り調査を行うと明らかにした。
 同部関係者によると、日本輸出する野菜類の安全性を管理するため、パプリカやミニトマト、キュウリ、エゴマの葉、トウガラシの生産農家輸出業者は、それぞれIDを登録し管理している。今後はイチゴやズッキーニなどにもこうした管理を拡大する計画だという。

 2006年5月に日本政府が輸入食品の安全性を強化する目的で残留農薬等に関するポジティブリスト制度を施行して以降、国内のトウガラシやエゴマの葉、ミニトマトなどの野菜類からは残留農薬が頻繁に検出され、輸出に制約を受けてきた。



2009年3月8日18時44分配信 YONHAP NEWS


ズッキーニって日本でそんなに消費するかなぁ…

昨年の農食品輸出44億ドル、過去最大規模に

昨年の農食品輸出44億ドル、過去最大規模に

 農林水産食品部は15日、昨年の農食品輸出額は前年比17.2%増の44億500万ドル(暫定値)で、過去最高を記録したと明らかにした。
 過去5年間の年平均農食品輸出増加率は5.9%で、昨年は実績が大幅に改善された。昨年の増加率は、ソウル五輪を機に農食品輸出が急増した1988年(20.9%)に次ぐ高水準だ。

 同部関係者は、当初目標としていた45億ドルには及ばないものの、急速に悪化した輸出環境と過去の農食品輸出実績を考慮すると、李明博(イ・ミョンバク)政権の価値ある成果だと評価した。特に、世界的な景気低迷が本格化した昨年第4四半期以降、韓国の輸出が急減したなかで、農食品輸出は10%以上の増加率を維持している。

 品目別では、キムチ、高麗人参、パプリカ、海苔、めん類、酒類など主力輸出品目が堅調な伸びを維持した。きのこ類や果実類、花き類、蔘鶏湯、しょうゆ、コーヒー類の輸出も大幅に増えた。国別では、停滞していた対日輸出が19.7%急増し、14億5900万ドルを記録した。東南アジア諸国連合(ASEAN)にも32.2%増の4億5400万ドルを輸出した。

 農林水産食品部は、ことし53億ドルの輸出目標を掲げている。輸出組織、生産農家の組織化で安定した輸出物量確保を図るほか、園芸専門生産団地施設の近代化を支援するなど、インフラ構築を進める計画だ。また、食材料を新たな輸出エンジンとするため専門輸出業者を育成し、新輸出品目を積極的に開発する。



2009年1月15日17時33分配信 YONHAP NEWS


パプリカというのが意外かな。
  • Genre:

Page Top

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。