FC2ブログ
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. ≪解説≫5万ウォン札の発行、社会への影響いかに
  4. 韓国ウォン » 
  5. ≪解説≫5万ウォン札の発行、社会への影響いかに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

≪解説≫5万ウォン札の発行、社会への影響いかに

≪解説≫5万ウォン札の発行、社会への影響いかに

6月に5万ウォン紙幣の流通が始まれば、国民の生活にも直接、間接的な影響が及ぶ。メリットとしては、何より決済手段が広がるだけに日常的な取り引きが便利になると期待される。また、紙幣の管理や現金同様に使用できる小切手「自己宛手票」の発行面でもコスト節減に有用と見込まれる。一方で、物価上昇を刺激するという懸念、偽造やわいろ授受など犯罪に利用される可能性などが副作用として指摘される。
 韓国銀行が25日に明らかにしたところによると、国内の紙幣の最高額面は1973年から1万ウォンで変動していない。36年で物価が12倍以上に上がり、国民所得も150倍以上に伸びるなど経済規模が拡大したにもかかわらず、最高額面は1万ウォンのままだったため、当然、経済主体も日常生活のさまざまな場面で不便を感じざるを得なかった。その不便さを関係者は、例えば1万ウォン札で取り引きされるべきところを、1000ウォン札を使ったときに感じる不便さに近いとする。

 5万ウォン札が流通すれば、第一に財布に入る紙幣の枚数が減ることになりそうだ。現金自動支払機(CD)や現金自動預払機(ATM)などから現金を引き出す場合の所要時間も短縮される。何より不必要な社会的コストを削減できる。韓国銀行では、5万ウォン札で10万ウォン自己宛手票の製造・管理コストの一部を節減できるとみている。手票は貨幣とは別途に発行、支払、情報交換、電算処理・保管され、年間2800億ウォン(約179億円)という膨大な社会的コストがかかっている。

 1万ウォン札5枚の代わりに5万ウォン札1枚を発行すれば、製造や運送、保管などの管理費用も減る。国民1人当たりの貨幣発行枚数は1975年は7枚だったのが、2006年には77枚を数える。韓国銀行によると現在市中にある1万ウォン札は26兆~27兆ウォンで、このうち4割は5万ウォン札で代替できるものと推定される。

 一方、銀行側では5万ウォン札流通に合わせCDやATMの交替作業が必要となり、コスト負担が生じる。各行も機器の運用について検討中だ。ただ、内需拡大には部分的に貢献することになる。

 物価に関しては、5万ウォン札発行が物価上昇にある程度影響を与えることが予想される。4万8000ウォンの衣類が5万ウォンに値上げされる可能性などが例に挙げられる。慶弔費の上昇も懸念される。しかし、韓国銀行関係者は「5万ウォン札が招くインフレーションは無視できるほど小さいだけでなく、一時的な現象にとどまると分析される」と話す。犯罪などに利用されたり犯罪を助長する可能性については、金融機関の顧客確認義務を強化するよう「特定金融取引情報の報告および利用などに関する法律」を改正するなどシステム補強が行われるとし、高額札と犯罪を関連付ける見方にも否定的な立場を示している。

 このほか、5万ウォン札の発行は現実的には必要だが、貨幣額面単位の変更(リデノミネーション)を避ける措置だとする指摘も出ている。経済規模とともに金融市場の規模が拡大し、遠からず1兆の1万倍にあたる「京」単位が登場する可能性があるため。5万ウォン札が発行されれば、経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち最高額面の紙幣となる。全国経済人連合会のペ祥根(ペ・サングン)経済本部長は、5万ウォン札発行よりも全面的な貨幣改革が必要と主張するとともに、この時点での5万ウォン札発行は貨幣計画を遅らせる結果になりかねないと懸念を示している。

 政府と韓国銀行が10万ウォン札の発行を断念したことも、今回の高額紙幣発行の問題点のひとつに挙げられる。政府は5万ウォン札発行による影響を注視するとしながら、10万ウォン札発行を無期限保留とした状態だ。



2009年2月25日17時34分配信 YONHAP NEWS


1つ前の記事の続き。
10万ウォン札は無期限保留かぁ…。なんとなく早い段階で出そうなきもするけど…
スポンサーサイト
  • Genre:

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://koreanews21.blog24.fc2.com/tb.php/304-d24802d7 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。