1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 日本の国際食品展に国内から115社、輸出拡大目指す
  4. 韓国経済 » 
  5. 日本の国際食品展に国内から115社、輸出拡大目指す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

日本の国際食品展に国内から115社、輸出拡大目指す

日本国際食品展に国内から115社、輸出拡大目指す

 農林水産食品部は3日、同日から6日まで日本の千葉・幕張メッセで開かれるアジア最大の食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN 2009」に、国内から115社が参加すると明らかにした。キムチや高麗人参、加工食品、水産食品などの農産物生産・食品輸出会社が、昨年より1000万ドル多い1億3000万ドルの契約を目標に、輸出商談や広報に取り組む。
 韓国館は1791平方メートルの広さで、輸出企業用に199のブースが作られた。同時に、地方自治体館や共同広報館、韓国農・食品の共同輸出ブランド広報館、戦略広報館、輸出相談室などとしても活用される。

 韓国にとって日本は農・食品の最大の輸出先だ。農林水産食品部は、食品の安全に対する消費者の高い関心に着目し、今年も差別化した食品安全管理システムを積極的に売り込む。

 同部の閔勝奎(ミン・スンギュ)第1次官もこの期間に合わせ日本を訪れ、日本向けの農・食品輸出拡大を目指し販促活動に乗り出す。4日に展示会を回り、5日には在日本大韓民国民団と、在日同胞が経営する食堂などへの国産食材輸出の拡大に向けた協定を結ぶ。国産食材が使われる韓国料理チェーン店の代表らに会い輸出拡大策を話し合うほか、全国スーパーマーケット協会関係者とは国産食材の小売段階進出拡大を目指しアイデアを交わす計画だ。静岡県知事との協議では、6月に開港する静岡空港での韓日特産物の共同販売場設置について話す。

 農林水産食品部関係者は、こうした活動を機に、農・食品の輸出を昨年より2割増やし53億ドルを達成するとの目標を示した。



2009年3月3日15時34分配信 YONHAP NEWS


個人向けというより、業者向けかな。
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://koreanews21.blog24.fc2.com/tb.php/324-b42390eb この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。