1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 国民所得1万5千ドル下回る、シンクタンク予想
  4. 韓国社会 » 
  5. 国民所得1万5千ドル下回る、シンクタンク予想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

国民所得1万5千ドル下回る、シンクタンク予想

国民所得1万5千ドル下回る、シンクタンク予想

国民1人当たりの国内総生産(GDP)がことしは1万5000ドル以下になるとの見通しが出た。韓国経済成長率が急速に下落し、ウォン・ドル相場もウォンの下落が続くと見込まれ、最悪の場合、2万ドルを超えた2007年の半分近くまで落ち込む可能性も排除できないとの分析だ。ドルベースの1人当たりGDPが減少するということは、国民の購買力がそれだけ落ちることを意味する。
 民間の各シンクタンクは11日、ことしの1人当たりGDPは5年前の水準に逆戻りする可能性があると指摘した。

 ウリィ金融持ち株経営研究室のソン・テジョン首席研究委員は、ことしの経済成長率をマイナス4.0%、物価指標のGDPデフレーターは2.1%、年平均対ドル相場は1ドル=1300ウォン、人口推計は4874万7000人と仮定した場合、1人当たりGDPは1万4690ドルになると明らかにした。世界的な金融不安は上半期も続き、下半期に鎮静する可能性は徐々に低くなっていると指摘、韓国経済成長率は大幅に下落し、為替相場もウォン安が続く可能性が高いと見通した。

 さらに、予想以上に経済が悪化し、成長率がマイナス6.0%、対ドル相場が1ドル=1500ウォンまで下落すれば、1人当たりGDPは1万2472ドルまで下がると予測する。これは2007年の62%にすぎない。ただ、世界景気の回復の兆しに速度がつき、政府の景気てこ入れ策に後押しされ成長率マイナス2.0%と1ドル=1100ウォンで維持されれば、1人当たりGDPは昨年と同水準の1万7715ドル程度になるとしている。

 昨年の1人当たりGDPは、年平均対ドル相場が1ドル=1102.6ウォン、GDP増加率が2.5%、GDPデフレーター見通しが3.0%、推計人口4860万7000人として、1万7700ドルと推算されている。

 1人当たりGDPは、1995年に1万1471ドルを記録し初めて1万ドル台に突入したが、1998年に通貨危機のため7477ドルまで墜落した。2000年に1万888ドルまで回復した後、2002年からはは1万1483ドル、1万2704ドル、1万4173ドル、1万6438ドル、1万8376ドルと増加を続け、2007年は2万15ドルに達し、初めて2万ドルを突破した。

 サムスン経済研究所のファン・インソン首席研究委員は、韓国成長率と通貨価値の下落幅が大きいため、他国に比べ1人当たり所得に対する打撃が大きくならざるを得ないと話した。特に、昨年はウォンベースでは所得部門に大きな問題がなかったが、ことしは大幅に落ち込むと見ている。

 韓国開発研究院のキム・ヒョンウク研究委員は、ことしのウォン・ドル相場は当初の予想を100ウォン以上上回る下落幅が予測されるが、経常収支黒字などである程度安定するだろうと述べた。このためドルベースで算出する1人当たりGDPの数値などは変動の余地が少なくないと説明した。



2009年3月11日11時5分配信 YONHAP NEWS


ウォンがだいぶ持ち直す雰囲気を見せてるが、一時的なものなのか、それとも…
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://koreanews21.blog24.fc2.com/tb.php/342-a67e5d2c この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。