1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. ソウルの高校の9割、第2外国語科目に日本語開設
  4. 韓国教育 » 
  5. ソウルの高校の9割、第2外国語科目に日本語開設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ソウルの高校の9割、第2外国語科目に日本語開設

ソウルの高校の9割、第2外国語科目に日本語開設

ソウル地域の高校生は、英語の次に日本語を最も多く習っていることが分かった。
 ソウル市教育庁が7日にまとめた「2009高校教育課程編成現況」によると、ソウル市内の高校308校の90%に当たる278校が第2外国語の選択科目の一つとして日本語を開設している。日本語を教える高校が多いのは、語順が韓国語と似ているため高校レベルでの学習が難しくなく、教員が確保しやすいためと分析される。
 日本語の次に多い第2外国語科目は中国語で、189校が授業を設けている。これに対し、フランス語(52校)とドイツ語(47校)は人気が衰えており、スペイン語を教えている高校は2校にすぎなかった。また、漢文とともに2005年から大学修学能力試験(センター試験に相当)第2外国語領域の科目に追加されたアラビア語を教える高校は1校もなかった。



2009年4月7日14時20分配信 YONHAP NEWS


英語の方が何かと良いのでは…と。
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://koreanews21.blog24.fc2.com/tb.php/385-ac1b86ed この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。